去年発売されたNVIDIAのTurningアーキテクチャを使用した次世代GPU RTX20シリーズにのみ搭載されているリアルタイムレイトレーシング(DXR)について解説します。

まずDXRとはゲームの画質がめちゃくちゃよくなります。もちろんその分負荷も大きくなります。RTXシリーズは下位モデルでも高性能なのであまり問題はありません。

DXRは物体間の光や粒子の動きをGPUが計算し、レンダリングするというもので、

このように、今までとは比べ物にならないほどきれいになります。

実はNVIDIAドライバーのアップデートでGTX1060以上のカードでもDXRが動作するのですが、GTXシリーズのCUDAコアでは処理しきれないためゲームはかくかくです(GTX1080ti SLIとかは別ですが)

Turning世代に新規追加された機能で ディープラーニングスーパーサンプリング (DLSS)と呼ばれる機能があります。

これはアンチエイリアスに関する機能で、ほぼ負荷をかけることなくアンチエイリアスを行いフレームレートを最大40%増加させます。

画質も見るからに違います。

しかしながら、DXRもDLSSも限られたゲームでしか使用することができません。

DXRに関しては、RTXシリーズのみ、DLSSはRTX及びGTXのTurnig世代でのみ使用できます。

以下おすすめのレイトレ対応グラボです

   ↓RTX2060     

ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fan グラフィックスボード VD6860 ZTRTX2060-6GGDR6TWIN ZTRTX2060-6GGDR6TWIN/ZT-T20600F-10M


     ↓RTX2070   

玄人志向 NVIDIA GeForce RTX 2070 Super 搭載 GALAKURO WHITEモデル 3連ファン GK-RTX2070SP-E8GB/WHITE/TP


    ↓RTX2080S   

ZOTAC ゾタック GAMING GeForce RTX 2080 SUPER Twin Fan グラフィックスボード VD7000 ZT-T20820F-10P


    ↓RTX2080TI

MSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO グラフィックスボード VD6722

*当サイト管理人の「お茶P」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。