2019年5月28日から台北で開催されている、パソコンの見本市のComputeX2019でAMD発表されたZEN2 Ryzenシリーズです。

ナンバリングは3000となり、現在発表されているラインナップは

Ryzen5 3600,Ryzen5 3600X, Ryzen9 3900Xです。各製品にはX付きモデルがあります。

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W 100-100000031BOX 三年保証 [並行輸入品]


一番注目はRyzen9 3900x 12コア24スレッド3.8~4.6Ghzで499ドルです。

AMD Ryzen 9 3900X with Wraith Prism cooler 3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W 100-100000023BOX 三年保証 [並行輸入品]

intelのウルトラハイエンドCPU Core I9 9920Xよりも高速かつ圧倒的に安価で手に入れることができます。


もちろんintelのように一般ユース向けのRyzen7 もあります

AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3.6GHz 8コア / 16スレッド 36MB 65W 100-100000071BOX 三年保証 [並行輸入品]


Zen2は7nmプロセスで作成されており、電力効率もよくTDPは105wに抑えられています。

しかしIntelもComputeX2019で新モデルを公開しました。

Intelは10nmプロセスの第10世代Coreプロセッサーです。

アーキテクチャはice lakeになるそうです。

ラインナップは未公開ですが、サイトによるとCore I3 I5 I7がのシリーズがリークしているようです。

Core I9シリーズがないのは、もしかしたらADMに対抗するための最後の切り札として温存しているのでは、と思っています。

ちなみにComputeX2019ではGIGABYTEからリード5000MB/sでナントPCIe4.0で動作します。

まだ本製品も4.0対応マザーが存在しないのですが、もちろんPCIe3.0でも動作します。、、、しかし最高速度がでるかはわかりませんが。

もう一つASrockからthunderbolt接続のグラボが発表されました。

サイズはなんとITXです、、、マザーボードの規格ですw

主な用途は、GPUを搭載していないノートパソコンに使えます。

値段は不明ですが、外付けグラボボックスに比べたら安価で手に入るそうです。

ITXボードにGPUチップ,Thunderbolt3,HDMI,D-SUB出力、さらにUSB3.2 Gen1、有線LANポート、SATA3ポートが乗っかています。

グラボにその出力端子の使い道は私にはわかりませんがw

※2019/07/26追記 SSDのリードの数値の誤りの修正

*当サイト管理人の「お茶P」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。