お久しぶりです。

先日台湾へ旅行に行ってまいりました。

キャリアのSIMロックがかけられてるiPhoneなどは空港でWi-Fiをレンタルすると思いますが、私のスマホはSIMフリーのAndroidなので”プリペイドSIM”というものを使用しました。


[亜太電信] 2枚セット 台湾 プリペイドSIM 4G-LTE 5日間 使い放題 データ通信 速度低下なし[並行輸入品]

日数カウントはスマホに刺した時点で開始されるので気を付けてください。

殆どのプリペイドSIMはmicro,nano,normalすべての形に対応しているはずです。

デュアルSIMなどは2枚させますが国内版を入れたままにしておきたいのでしたら、SDカードスロットを独占する場合があります。

まずSIMを刺したら設定のモバイルネットワークからアクセスポイント名(APN)を選択。

自動で選択されていたらそのまま、されていなければSIMに付属していた紙にAPN名とAPNの設定方法が書いてあるのでその通りに設定してください。

認証方式は記載されていなければCHAPを選択

使用国内に到着したら設定ーモバイルネットワークー通信事業者の設定を押して自動で選択を押せば自動的にその国のキャリアに接続されます。

デュアルSIMを使用していてSIM1に国内用、SIM2にプリペイドSIMを刺している場合は、日本国内でアクセスポイント設定にAPNの設定ボタンがない場合があります。

その場合はSIM1を無効化してからお試しください。

対応バンドは国内のスマホなら特に気にしなくてOKです。

[亜太電信] 2枚セット 台湾 プリペイドSIM 4G-LTE 5日間 使い放題 データ通信 速度低下なし[並行輸入品]

*当サイト管理人の「お茶P」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。